○八千代町議会事務局設置条例

昭和34年4月2日

条例第5号

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第138条第2項の規定に基づき、八千代町議会に事務局を置く。

第2条 事務局の職員は、議長がこれを任免する。

第3条 事務局職員の給与、旅費、勤務時間、その他の勤務条件、分限及び懲戒、服務、研修及び勤務成績の評定、福祉及び利益の保護、その他身分取扱に関しては、八千代町長の事務部局の一般職の職員の例による。

附 則

1 この条例の定めるものの他、必要な事項は、議長がこれを定める。

2 この条例は、公布の日から施行し、昭和33年7月1日から適用する。

3 八千代村議会職員定数条例(昭和30年条例第26号)は、この条例公布の日に廃止する。

附 則(昭和44年条例第7号)

1 この条例は、昭和44年10月1日から施行する。

八千代町議会事務局設置条例

昭和34年4月2日 条例第5号

(昭和44年9月10日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
昭和34年4月2日 条例第5号
昭和44年9月10日 条例第7号