○八千代町交通対策協議会設置条例

昭和45年3月30日

条例第7号

(趣旨)

第1条 道路交通の安全と円滑を確保し、総合的かつ効果的な対策をはかるため、八千代町交通対策協議会(以下「協議会」という。)をおく。

(任務)

第2条 協議会は、前条の趣旨を達成するため、次に掲げる事項について協議し、その対策を推進するものとする。

(1) 交通対策事業計画に関すること。

(2) 交通安全思想の高揚に関すること。

(3) 交通の合理化と円滑化に関すること。

(4) 交通安全施設の整備に関すること。

(5) その他、協議会の目的達成のため必要な事項

(組織)

第3条 協議会は、会長・副会長及び委員をもつて組織する。

2 会長は、町長をもつて充てる。

3 副会長は、議会議長及び交通安全協会八千代支部長をもつて充てる。

4 委員は、関係機関及び団体の役職員のうちから町長が委嘱する。

5 委員の定数は39名とし、任期は2年とする。ただし、補欠として選任された委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長の職務)

第4条 会長は、会議の議長となり、会務を総理する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故がある場合は、その職務を代理する。

(会議)

第5条 協議会の会議は、会長がこれを招集する。

2 会長は、必要があると認めるときは、交通問題について学識経験のある者に対し、会議に出席を求め、その意見をきくことができる。

(費用弁償)

第6条 副会長及び委員の費用弁償は、副町長相当額とする。

(推進員)

第7条 協議会の補助機関として推進員をおく。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この条例は、昭和45年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年条例第6号)

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和52年4月1日から適用する。

附 則(昭和56年条例第3号)

この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年条例第10号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年条例第10号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年条例第19号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

八千代町交通対策協議会設置条例

昭和45年3月30日 条例第7号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通安全対策
沿革情報
昭和45年3月30日 条例第7号
昭和52年3月15日 条例第6号
昭和56年3月24日 条例第3号
昭和60年6月10日 条例第10号
平成14年3月15日 条例第10号
平成18年12月13日 条例第19号