○八千代町立視聴覚ライブラリーの設置、管理及び職員に関する規則

昭和49年10月1日

教委規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第30条の規定に基づき、八千代町立視聴覚ライブラリーの設置、管理及び職員に関し、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 八千代町の視聴覚教育の普及徹底を図るため、八千代町立視聴覚ライブラリー(以下「視聴覚ライブラリー」という。)を八千代町大字菅谷1,027番地、八千代町立中央公民館内に設置する。

(管理)

第3条 視聴覚ライブラリーは、つねに良好な状態において管理し、その設置目的に応じてもつとも効率的な運用をしなければならない。

(職員)

第4条 視聴覚ライブラリーに、事務職員、技術職員、その他所要の職員をおくことができる。

(運営委員会)

第5条 視聴覚ライブラリーに、その運営を適正かつ円滑ならしめるため、八千代町視聴覚ライブラリー運営委員会(以下「運営委員会」という。)をおく。

2 運営委員会は、視聴覚ライブラリーの運営に関し、諮問に応ずるとともに、視聴覚ライブラリーの行う事業について意見を述べるものとする。

(委員)

第6条 委員の定数は、15人とする。

2 委員は、学校教育及び社会教育に関する教育関係者及び行政担当者並びに視聴覚教育に関する学識経験者の中から選任するものとする。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠により就任した委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 前項の規定にかかわらず、特定の地位又は職により任命された委員の任期は、当該地位又は職にある期間とする。

第7条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会規程で定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

八千代町立視聴覚ライブラリーの設置、管理及び職員に関する規則

昭和49年10月1日 教育委員会規則第3号

(昭和49年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和49年10月1日 教育委員会規則第3号