○八千代町歴史民俗資料館管理運営規則

昭和59年4月1日

教委規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、八千代町歴史民俗資料館の設置、管理及び職員に関する条例(昭和59年条例第12号。以下「条例」という。)第5条に基づき、八千代町歴史民俗資料館(以下「資料館」という。)の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 資料館は、条例第2条第1項の目的を達成するため次に掲げる事業を行う。

(1) 資料の収集、保存、展示活用及び閲覧に関すること。

(2) 講演会、講習会、研究会等の学習活動の開催に関すること。

(3) 専門的、技術的な調査研究に関すること。

(4) 収蔵資料目録、史料集、図録、研究報告書等の刊行、頒布等に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、目的達成に必要な事業

(職及び職務)

第3条 資料館に次の表の左欄に掲げる職のうち必要な職員を置く。

職務

館長

館の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

参事

館の特命事項を処理する。

館長補佐

館の事務を整理し、館長を補佐する。

主査兼係長

上司の命を受け、係の事務を処理する。

係長・主幹・主任

上司の命を受け、係の担任事務を処理する。

主事

一般事務

主事補

定型的一般事務

(開館時間)

第4条 資料館の開館時間は、午前9時より午後4時30分までとする。

2 館長は、特別の事情があるときは、前項に規定する開館時間を変更することができる。

(休館日)

第5条 資料館の休館日は次のとおりとする。

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日の翌日

(3) 館内整理日(毎月の末日。ただし、その日が月曜日又は前号に規定する休館日に当たるときは、その翌日)

(4) 年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)

2 館長は、特別の事情があるときは前項に規定する休館日を変更し、又は臨時に休館日を設けることができる。この場合において教育委員会は、その旨を町民に周知しなければならない。

(入館手続及び遵守事項)

第6条 資料館に入館しようとするものは、館長の許可を得なければならない。

2 入館者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 館長の許可なく展示品に触れ又は写真撮影、複写等をしないこと。

(2) 展示品の近くでインキ、墨汁等を使用しないこと。

(3) 館長の指定する場所以外で喫煙及び飲食をしないこと。

(4) 他人に危害を加え、又は迷惑となる行為をしないこと。

(5) 静かに観覧すること。

(6) 施設附属器具及び資料を汚損しないよう充分注意すること。

(7) その他関係職員の指示に従うこと。

3 館長は、資料館の秩序を乱し、又は乱す恐れのある者の入館を禁止し、若しくはこれらの者に対して退館を命ずることができる。

(資料の閲覧等)

第7条 資料館の資料を閲覧しようとする者又は複写、写真撮影等資料の特別な利用をしようとする者は、館長が別に定めるところにより、所定の手続を経なければならない。

(資料の館外貸出)

第8条 館長は、他の資料館、学校等に対し資料の貸出しをすることができる。ただし、資料館で借用しているものの貸出しは行わない。

2 資料の貸出しを受けようとする者は、館長が別に定めるところにより、所定の手続を経なければならない。

(資料収集の方法)

第9条 資料収集の方法は、寄贈、寄託、購入及び借用によるものとする。

(寄贈の手続)

第10条 資料館に資料を寄贈しようとする者は、資料寄贈申込書(様式第1号)を館長に提出するものとする。

2 資料館に寄贈した者に対しては、資料寄贈受領書(様式第2号)を交付するものとする。

3 寄贈資料には寄贈者の氏名及び寄贈年月日を記入して永くその芳志を伝えるものとする。

(寄贈に要する費用)

第11条 寄贈に要する費用は、資料館の負担とする。

(寄託の手続)

第12条 資料館に資料を寄託しようとする者は、館長が別に定めるところにより、所定の手続を経なければならない。

2 資料の寄託期間は、3年以内とする。ただし、3年を経過したときは、寄託を更新することができる。

3 館長は、寄託者の承諾を得て、寄託された資料を資料館の用に供することができる。

(寄託に要する費用)

第13条 寄託に要する費用は寄託者の負担とする。ただし、教育委員会が必要と認めた者については、資料館において寄託に要する費用の一部又は全部を支出することができる。

(借用の手続)

第14条 資料館が資料を借用するときは、あらかじめ所有者、又は管理者の承諾を得たうえ、館長が別に定めるところにより、資料を借用することができる。

(借用に要する費用)

第15条 資料の借用に要する費用は資料館の負担とする。

(寄託及び借用資料の取扱い)

第16条 寄託及び借用資料は資料館所蔵の資料と同様の取扱いをするものとする。ただし、寄託資料の館外貸出しについては寄託者の承諾を得なければならない。

(免責)

第17条 資料館は、天災その他不可抗力による寄託資料の損失に対しては、その責を負わない。

(利用の対象)

第18条 地方公共団体、社会教育団体又は学術団体等は資料に関して行う集会、研究会等に資料館の施設を利用することができる。

2 館長が必要と認めた場合は、前項の規定にかかわらず資料館の施設を利用することができる。

(利用の手続)

第19条 資料館の施設を利用しようとする者は、資料館使用許可申請書(様式第3号)を館長に提出し許可を受けなければならない。

2 資料館の使用を許可したときは、資料館使用許可書(様式第4号)を交付する。

(損害賠償)

第19条の2 入館者は、資料館の施設附属器具及び資料を汚損した場合は、ただちに館長に届け出てその指示を受けなければならない。

2 入館者又は使用者は、資料館の資料又は施設等を故意又は重大な過失により損傷し、又は滅失した場合には、これによつて生じた損害を賠償しなければならない。

(委任)

第20条 この規則に定めるもののほか必要な事項は別に教育長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年教委規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年1月8日から適用する。

附 則(平成2年教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、平成2年1月1日から適用する。

附 則(平成7年教委規則第5号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成13年教委規則第1号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

八千代町歴史民俗資料館管理運営規則

昭和59年4月1日 教育委員会規則第1号

(平成13年4月1日施行)