○八千代町総合体育館管理運営規則

昭和54年10月1日

教委規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、八千代町総合体育館の設置及び管理に関する条例(昭和54年八千代町条例第7号。以下「条例」という。)第15条第2項及び第17条の規定に基づき、八千代町総合体育館(以下「体育館」という。)の管理運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 体育館の開館時間は、毎日午前9時から午後10時までとする。ただし、時季により又は特別な事由がある時は、これを短縮し、又は延長することができる。

(休館日)

第3条 休館日は、次のとおりとする。

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日の翌日

(3) 12月29日から1月3日

2 前項の規定にかかわらず、必要に応じて臨時に開館をし、又は休館をすることができる。この場合において、教育委員会は、その旨を町民に周知しなければならない。

(収容人員)

第4条 体育館の主競技場の集会の収容人員は、1,500人とする。

(使用の申請)

第5条 体育館の施設及び付帯設備(以下「設備等」という。)を使用しようとするものは、使用の日5日前までに使用許可申請書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

(使用の許可等の決定及び通知)

第6条 教育委員会は、前条の申請を受けたときは、すみやかに使用の許可又は不許可を決定し、その旨を申請者に通知しなければならない。

2 教育委員会が使用の許可を決定したときは、申請者に使用許可書(様式第2号)を交付することによつて、前項の通知に代えるものとする。

(使用許可の順序)

第7条 使用の許可は、申込みの順序により行う。この場合において申込みが同時に行われた場合は、申請者の協議又は抽選により決定する。ただし、体育関係については優先するものとする。

(使用料の納付)

第8条 使用者は、第6条第2項の規定する使用許可書の交付を受ける際に使用料を前納しなければならない。

(使用料の減免)

第9条 条例第15条第2項の規定に基づき、使用料の減免を受けようとするものは、使用許可申請書に使用料減免申請書(様式第3号)を添えて教育委員会に提出しなければならない。

2 使用料の減免の範囲及び減免の割合は、次のとおりとする。

(1) 町が使用するとき 全額免除

(2) 学校教育法第1条に規定する町内の学校が使用するとき 全額免除

(3) 社会教育法第10条に規定する町内の社会教育団体が使用するとき 全額免除

(4) 町内に居住する次に掲げる者で構成される団体又は個人(介護が必要な者は、1人につき1人の介護者を含む。)が使用するとき 全額免除

 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第1項の規定による身体障害者手帳の交付を受けている者

 療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号厚生事務次官通知)に定める療育手帳の交付を受けている者

 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第1項の規定による精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者

 65歳以上の者

(5) 町内の個人及び団体が営利宣伝等を目的としないで使用するとき(ただし、入場料を徴収しない場合のみ) 5割免除

(6) 官公署又は町内に事務所を有する公共団体が使用するとき 5割免除

(7) その他教育委員会が必要と認めたとき 全額免除

(使用の取消し等)

第10条 すでに使用を許可したが、次の各号に該当することになつたときは、教育委員会はその許可を取消し、停止又は変更することができる。この場合において、教育委員会は使用者に体育館使用取消し、停止、変更通知書(様式第4号)を送付しなければならない。

(1) 条例第6条第1項各号に該当したとき。

(2) 条例第11条の規定に違反したとき。

(3) 条例第12条の規定に違反したとき。

(4) その他教育委員会が必要と認めるとき。

(行為の禁止)

第11条 体育館の使用者又は入場者は、体育館において次に掲げる行為をしてはならない。ただし、教育委員会の許可を受けたときは、この限りでない。

(1) 定員をこえて入場させること。

(2) 釘等の打ち込み、はり紙をすること。

(3) 許可を受けた施設等以外の施設等を使用すること。

(4) 立入禁止箇所に入ること。

(5) 指定場所以外にごみ、汚物等をすてること。

(6) 所定の場所以外で喫煙し、又は火気を使用すること。

(7) その他教育委員会が管理上不適当と認める行為

(入館の禁止及び退去)

第12条 条例第10条の規定に基づき、次の各号の一に該当するものは入館を禁止し、又は退去を求めることができる。

(1) 伝染性疾患のあるもの、又は精神に異状があると認められるもの

(2) 他人に危害を及ぼし、又は迷惑となる物品を携帯するもの

(3) でい酔者又は保護者を伴わない6歳未満の幼児

(4) 公の秩序、善良な風俗に反するおそれがあると認められるもの

(5) 前各号のほか、管理上支障があると認められるもの

(細則)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に教育委員会が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年教委規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年1月8日から適用する。

附 則(平成7年教委規則第4号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成26年教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

八千代町総合体育館管理運営規則

昭和54年10月1日 教育委員会規則第7号

(平成26年9月1日施行)