○八千代町不当要求行為等の防止に関する規則

平成18年3月27日

規則第10号

(目的)

第1条 この規則は、八千代町の職員が公務を遂行するうえで受ける不当要求行為等に対して、町として統一的な対応方針等を定め、的確に対応することにより、町民の安全と職員の公務の円滑かつ適正な執行を確保することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、次に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 職員 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第2項に規定する一般職の職員及び同条第3項に規定する特別職の職員(議会の職員を除く。)をいう。

(2) 不当要求行為等 違法行為若しくは公正な職務の遂行を損なうおそれのある行為(不作為を含む。)を要求する行為又は暴力行為等社会常識を逸脱した手段により要求の実現を図る行為をいう。

(基本的心構え)

第3条 職員は全体の奉仕者であることを深く自覚し、町民から信頼される職員となるよう不断に公務員としての資質の向上に努めるとともに、常に公共の利益の増進を目指して公正な職務の遂行に当たらなければならない。

2 職員は、職務の遂行に当たつては、町政が町民の信託によるものであることを認識し、法令遵守の姿勢のもと、町民に対して業務についての十分な説明を行い、理解を求めるよう努めなければならない。

3 職員は、提供することにより、公正な職務の遂行を損なうおそれのある情報又は公正な町政の運営に不当な影響を及ぼすおそれのある情報を除き、積極的に情報を提供しなければならない。

(職員の責務)

第4条 職員は、職務の遂行に当たつては、常に業務内容の説明ができるよう整理しておかなければならない。

2 職員は、不当要求行為等があつたときは、これを拒否しなければならない。

3 職員(この項において町長を除く。)は、不当要求行為等があつたときは、直ちに要綱で定める上司及び所属長に報告しなければならない。

(管理監督者の責務)

第5条 管理監督の立場にある者(以下「管理監督者」という。)は、その職務の重要性を自覚し、部下職員の公正な職務の遂行の確保に努め、その行動について適切に指導監督しなければならない。

2 管理監督者は、部下職員から前条第3項の規定による報告を受けたときは、適法かつ公正な職務を確保するために必要な措置を講じなければならない。

(町民等の責務)

第6条 町民は、自らが地方公共団体を構成する一員であることを深く自覚し、常に町政の運営に関心を払うことによつて、公正かつ適正な手続きによる行政運営の確保に積極的な役割を果たすよう努めるものとする。

2 何人も、職員に対して、不当要求行為等を行つてはならない。

(不当要求行為等の行為者への警告等)

第7条 町長は、不当要求行為等の行為者に対して文書で警告を行うことができる。

2 前項の警告を行う場合において、町長は、町民への公表その他必要な措置を講じることができる。

(関係機関との連携)

第8条 町長は、職員が不当要求行為等を受けたときは、警察等関係機関と連携して対応するものとする。

(委任)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

八千代町不当要求行為等の防止に関する規則

平成18年3月27日 規則第10号

(平成18年3月27日施行)