○会計管理者の職務を代理する職員の順序を定める規則

平成19年3月16日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、会計管理者に事故がある場合において必要があるとき、その職務を代理する職員を定めるものとする。

(会計管理者の職務代理者)

第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第170条第3項の規定による会計管理者の職務を代理する職員は、会計課長の職にある職員とする。

2 一定の職にある者に会計管理者の事務を代理させることができる。

附 則

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

2 八千代町長及び収入役の職務代理者を定める規則(昭和41年規則第6号)は廃止する。

附 則(平成24年規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

会計管理者の職務を代理する職員の順序を定める規則

平成19年3月16日 規則第4号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第2節 代理・代決等
沿革情報
平成19年3月16日 規則第4号
平成24年3月30日 規則第2号