○八千代町立小中学校の通学区域に関する規則

平成28年3月1日

教委規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は学校教育法施行令(昭和28年政令第340号。以下「政令」という。)第5条第2項の規定に基づき、八千代町立小中学校に就学すべき児童生徒の通学区域に関し、必要な事項を定めるものとする。

(通学区域)

第2条 通学区域は別表のとおりとする。

(就学すべき学校の指定)

第3条 児童生徒の就学すべき学校は、当該児童生徒の住所(住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき届け出た住所をいう。)を通学区域とする小学校又は中学校とする。

2 前項の規定は、児童生徒が転居した場合について準用する。

(指定学校の変更)

第4条 児童生徒の保護者は、政令第8条の規定に基づき、指定された学校の変更を申し立てるときは、指定学校変更申請書(様式第1号)を八千代町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項の規定による申請があつた場合において相当と認めるときは、指定された学校の変更を許可し、相当と認めないときは、指定学校変更申請却下通知書(様式第2号)により申請のあつた保護者に通知するものとする。

第5条 前条に掲げる場合のほか、教育委員会は別表により、就学すべき学校を指定することが著しく困難な理由があると認めるときは、別表によらないで、就学すべき学校を指定することができる。

(区域外就学)

第6条 八千代町に住所を有しない児童生徒を、八千代町立小中学校に就学させようとする保護者は、区域外就学申請書(様式第3号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項の規定による申請があつた場合において相当と認めるときは、あらかじめ区域外就学協議書(様式第4号)により、当該児童生徒の住所の有する市町村教育委員会に協議し、同意を得た後許可し、相当と認めないときは、区域外就学申請却下通知書(様式第5号)により申請のあつた保護者に通知するものとする。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規則は、平成28年4月1日から施行する。ただし、この規則の施行の際、現に通学している児童生徒の就学すべき小中学校の指定については、この規則に基づきなされたものとみなす。

別表

1 小学校通学区域

学校名

通学区域(行政区)

西豊田小学校

仁江戸東 仁江戸西 粟野 片角 中野 苅橋 東大山 太田 若 沼森 貝谷 川尻 今里 本郷

安静小学校

蕗田 東蕗田 新地 福岡 栗山 尾崎 大間木 芦ケ谷新田 舟戸 仲坪 山ノ神 神山 磯 村貫東 村貫西

中結城小学校

佐野東 佐野西 瀬戸井 兵庫沼端 前田 高野 伊勢山 根ノ谷 菅谷西 西大山 塩本 下山川 粕礼

下結城小学校

本田 前山 松山 天王木番田 築越六軒 二ツ釜 道前六保 平塚新田 水口 松本

川西小学校

久下田 新井 八町 袋 野爪 坪井 高崎 大渡戸 大里 小屋

2 中学校通学区域

学校名

通学区域(行政区)

八千代第一中学校

蕗田 東蕗田 新地 福岡 栗山 尾崎 大間木 芦ケ谷新田 舟戸 仲坪 山ノ神 神山 磯 村貫東 村貫西 佐野東 佐野西 瀬戸井 兵庫沼端 前田 高野 伊勢山 根ノ谷 菅谷西 西大山 塩本 下山川 粕礼 本田 前山 松山 天王木番田 築越六軒 二ツ釜 道前六保 平塚新田 水口 松本

東中学校

仁江戸東 仁江戸西 粟野 片角 中野 苅橋 東大山 太田 若 沼森 貝谷 川尻 今里 本郷 久下田 新井 八町 袋 野爪 坪井 高崎 大渡戸 大里 小屋

画像

画像

画像

画像

画像

八千代町立小中学校の通学区域に関する規則

平成28年3月1日 教育委員会規則第1号

(平成28年4月1日施行)