八千代町教育委員会

  1. ホーム>
  2. 八千代町教育委員会>
  3. 概要>
  4. 教育長あいさつ

教育長あいさつ

やちよの教育

八千代町教育委員会教育長 赤松 治

現在,少子高齢化や人口減少,社会経済のグローバル化が急速に進展し,子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しております。このような中,将来,子どもたちが大きく飛躍していくためには,社会の中で個性や能力を十分発揮し,生き生きと活躍できる人材の育成が重要です。学校は,立派な社会人として生きて行くための基礎となる力を身に付ける場です。そのためには,児童生徒一人一人が夢をもち,自分の目標に向かって夢を語れる児童生徒の育成を目指していきたいと考えております。

八千代町の教育目標を受け,「輝きのある学校づくり」をキャッチフレーズにワクワクする学校づくりを推進してまいります。「学びとの出会い」(探究心・協同の学び),「友人との出会い」(得がたい友人づくり),「先生との出会い」(魅力ある先生)の3つの出会いを大切にし,児童生徒一人一人が輝く学校づくりを目指します。

学校教育におきましては,「学力の向上」,「心の教育」,「体力の向上」の3つを柱としてバランスの取れた児童生徒の育成を目指します。

学力の向上については,授業を大切にし,教職員の授業力の向上を図るとともに,「学習の自立」を目指します。「学習の自立」とは学習の仕方を見直す力を身に付け,自分の力で勉強できる児童生徒の育成です。読書活動や学力向上基本計画を推進し,確かな学力の習得と活用に取り組みます。

二つめの心の教育については,道徳の授業を要として,授業,学校行事,給食,清掃など学校の教育活動全体を通じて行います。例えば,あいさつをする,そうじをする,靴のかかとをそろえるなど,当たり前のことを当たり前に継続することで,ルールを守ることの意義や思いやり,あきらめない心,団結,協力できる児童生徒を育成したいと考えます。

三つめの体力の向上では,体育の教科のみならず,小学校では,持久走大会,陸上記録会などの学校行事,スポーツ少年団活動,中学校では,部活動などを通して体力の向上,技術力の向上とともに,心身を鍛え,人間を磨くことを目標に取り組んでいきます。

子どもたちは家庭に帰れば地域の一員です。家庭教育や地域との関わり,例えば,ボランティア活動,あいさつなど,学校,家庭,地域が連携することで目標を実現できるものと確信します。学校と家庭,地域社会が一体となり,それぞれの教育力を十分発揮してこそ大きな成果があげられるものと信じています。保護者のみなさま方ならびに地域の方々の学校教育へのなお一層のご理解とご支援をお願い申し上げ,八千代町教育の充実・発展に努力していきたいと考えます。



問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校教育課 庶務係です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線3720

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?