八千代町の文化財

6.佛性寺仁王門

佛性寺仁王門の画像

名称 佛性寺仁王門
よみ ぶっしょうじにおうもん
数量 1棟
指定番号 町指定第37号 建造物
所在地 八千代町栗山
管理者 佛性寺
年代等 江戸時代中期
指定年月日 平成15年4月24日

仁王門は、境内地に南向きに構えられている。三間一戸楼門、入母屋造、桟瓦葺(もと茅葺)の仁王門である。下層は、自然石の礎石に円柱を立てる。中央間に扉を設けず、脇間に金剛柵を立て仁王像を安置する。天井は竿縁天井とする。上層は、中央間を吹放し、天井は竿縁天井とする。

仁王門は、一重の八脚門形式が一般的であるが、楼門形式のものは例が少ない。建築年代は、江戸時代中期、観音堂とほぼ同時期と推定される。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化係です。

〒300-3572 結城郡八千代町大字菅谷1017-1

電話番号:0296-48-0525

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る