1. ホーム
  2. 子育て・教育>
  3. 助成・手当>
  4. 幼稚園児の保護者への支援

幼稚園児の保護者への支援

私立幼稚園に通園する園児の保護者の負担軽減を図るとともに、幼児教育の振興を図るため、以下の補助事業を実施しています。

私立幼稚園就園奨励費補助金

減免(補助)が受けられる方

次の全ての条件に当てはまる方が対象です。なお、補助対象となる経費は、入園料・保育料を合算した額です。

  • 八千代町にお住まいの方
  • 園児の年齢が3歳から5歳児クラスに就園する園児(3歳未満の園児は、3歳に達した月から該当)を持つ世帯
  • 前年度の町民税の所得割額(※1)が一定の金額以下の世帯

(※1)町民税の所得割額とは、税額控除前所得割額から調整控除額を控除した額です。(住宅借入金等特別税額控除、配当控除等がある場合は、控除前の額で算定されます。)

平成29年度補助限度額

 

区 分

第1子

第2子

第3子以降

補助基準

補助上限額(年額)円

I

生活保護を受けている世帯

308,000

II

町民税が非課税または町民税の所得割額が非課税の世帯

272,000

308,000

III

町民税の所得割額が77,100円以下の世帯

139,200

223,000

308,000

IV

町民税の所得割額が211,200円以下の世帯

62,200

185,000

308,000

上記の区分以外の世帯「C」

154,000

308,000

階層区分ごとの多子軽減の適用条件

第Ⅲ階層以下の世帯については、年齢制限を撤廃(お子さんの年齢に関係なく、第1子、第2子・・と数えます。ただし、生計を一にするお子さんに限ります。)、第Ⅳ階層以上の世帯については、従前のとおり小学校3年生までの兄・姉の数に応じて、第1子、第2子・・と数えます。

ひとり親世帯等の特例

ひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯等の補助限度額については以下のとおりです。

 

区 分

第1子

第2子

第3子以降

補助基準

補助上限額(年額)円

II

町民税が非課税または町民税の所得割額が非課税の世帯

308,000

III

町民税の所得割額が77,100円以下の世帯

272,000

308,000

【注意事項(共通)】
※1 世帯の2人以上に所得がある場合は、父母とそれ以外の家計の主宰者である扶養義務者の所得割課税額を合算します。
※2 年度途中の入園・退園の場合は、次の算式を参考に実態に合わせて減額して適用します。
  《入園料が発生している場合》
   上記の単価×(保育料の支払い月数+3)÷15(百円未満を四捨五入)
  《入園料が発生していない場合》
   上記の単価×(保育料の支払い月数)÷12(百円未満を四捨五入)
※3 支払った入園料・保育料の合計が上記限度を下回る場合は、実際に支払った額が限度額となります。
※4 外国から帰国した場合等で市町村民税が課税されない場合は、所得を把握し、課税額の仮定計算を行って判定します。

減免(補助)の申請

減免(補助)の手続きは、幼稚園を通じて行います。通園している幼稚園から配布される関係書類を確認し、期限までに各幼稚園へ提出してください。

 

私立幼稚園児の保護者の負担軽減補助金

補助対象者

八千代町にお住まいで、私立幼稚園に就園する園児の保護者

補助金額

園児1人につき 年額 10,000円

申請方法

各幼稚園から福祉課に申請を行います。(保護者の方からの申請は不要です。)


問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉課 子育て支援室です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線1430

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る