障がい者との接し方について

音声・言語障害

音声・言語障害の人への接し方

音声・言語障害のある人と会話をするときは、しっかりと話を聞くことが大切です。また、表情が分かるよう、顔を見ながら、ゆっくりと短い言葉や文章で、分かりやすく話しかけます。

一度でうまく伝わらないときは、繰り返して言ったり、別の言葉に言い換えたり、漢字や絵で書いたり、写真・実物・ジェスチャーで示したりすると理解しやすくなります。また、「はい」、「いいえ」で答えられるように問いかけると理解しやすいので、会話の工夫も必要です。

話し言葉以外の手段(カレンダー、地図、時計など身近にあるもの)を用いると、コミュニケーションの助けとなります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉課 障がい福祉係です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線1420

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?