障がい者との接し方について

難病

難病の人への接し方

  • 周りから理解されずに苦しんでいる障害のある人がいることを知って理解と配慮をしていくことが大切です。
  • 難病のある人には、障害者認定の基準に含まれない機能障害があり、例えば、病気による疲れやすさや痛み、また、疾病によっては、皮膚の症状や自律神経障害、貧血なども見られます。無理のない仕事の内容、生活支援など、その人に合った理解と配慮が必要です。
  • 疾病の種類や症状、程度が様々です。「難病のある人」とレッテルを貼って、誤解や偏見を持たないようにします。
  • それぞれの難病の特性が異なり、その特性に合わせた対応が必要です。例えば、「言語障害」や「四肢麻痺」などの症状のために、会話や意思伝達が困難な場合があり、症状に合ったコミュニケーションをとる必要があります。
  • 病状が進行する場合、病態・障害の変化に応じた対応が必要です。
  • 排泄の問題、疲れやすさ、状態の変動などに留意が必要です。
  • 症状を維持するため、定期的に通院や服薬が必要な場合には、職場などで理解と配慮が必要です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉課 障がい福祉係です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線1420

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る