障がい者の特性

肢体不自由

肢体不自由の特性

肢体不自由とは、四肢、体幹が病気やけがで損なわれ、長期にわたり日常動作に困難が伴う状態をいいます。原因としては、先天性のもの、交通事故等による手足の損傷、あるいは腰や首、脳の血管等に損傷を受けたことからなるもの、関節等の変形からなるものがあります。障害の程度によってかなり個人差があり、いくつかの障害が合併していることもあります。たとえば左腕に障害がある場合、右半身に障害がある場合、あるいは両足、全身運動動作が不自由という場合などがあります。

日常動作にそれほど困難を生じない程度から、立つ、座る、歩く、物の持ち運び、字を書くなどに支障があり、車いすや義足などを必要とする程度、日常動作の多くに介助を必要とする程度など、様々です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉課 障がい福祉係です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線1420

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?