1. ホーム
  2. くらし・手続き>
  3. くらし・手続きのお知らせ>
  4. 「実質化された人・農地プラン」の公表について

「実質化された人・農地プラン」の公表について

人・農地プランとは

人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。集落・地域が抱える「人と農地の問題解決」のため、集落・地域において話し合っていただき、将来の農地のあり方や中心となる経営体はどこかといったことを決めていただきます。人・農地プランは、状況の変化に応じて変わっていくため、定期的(1年に1回)に見直しをしています。

 

人・農地プランの実質化について

農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)が見直され、耕作者の年代や後継者の確保状況、今後の農地利用の方向性を示した地図を活用し、地域で話し合うことで、人・農地プランの実質化を図り、関係者が一体となって農地の集積・集約を推進することになりました。

次の(1)から(3)までの地域の話し合いのプロセスを踏んで作成された人・農地プランが「実質化された人・農地プラン」となります。

(1)アンケートの実施

対象地区内の耕地面積の少なくとも過半について、農業者(耕作者又は地権者)の年齢と後継者の有無等をアンケートで確認。

(2)現状把握

(1)を地図化し、5~10年後に後継者がいない農地の面積を「見える化」し、話し合いの場で活用する。

(3)今後地域の中心となる経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成

(1)、(2)を基に、農業者、自治体、農業委員会、JA、土地改良区等の関係者が徹底した話し合いを行い、5年~10年後の農地利用を担う経営体(中心経営体)の在り方を決めていく。

 

人・農地プランの実質化に向けた工程表の公表について

人・農地プランの実質化については、その工程表を市町村のホームページに公表することとなっています。八千代町では、町内を5つの地区に分けて工程表を作成しました。令和3年度末までに「実質化された人・農地プラン」が完成できるように、工程表に沿ったスケジュールで取り組みます。

八千代町工程表 [EXCEL形式/20.91KB] 

 

実質化された人・農地プランの公表について

町では、地域の方々との話し合いを通じて将来の地域農業のあり方をまとめる「人・農地プランの実質化」を進めており、アンケートや図面を用いた地域の農業者の方への聞き取りなどを基に、「実質化された人・農地プラン(案)」を作成しました。その後、パブリックコメントによる意見聴取を行い、八千代町人・農地プラン検討会において、令和4年3月9日に「実質化された人・農地プラン(案)」が承認されましたので、以下のとおり公表します。

1.【西豊田地区】 実質化された人・農地プラン [PDF形式/162.15KB]

2.【安静地区】 実質化された人・農地プラン [PDF形式/156.65KB]

3.【中結城地区】 実質化された人・農地プラン [PDF形式/164.69KB]

4.【下結城地区】 実質化された人・農地プラン [PDF形式/156.5KB]

5.【川西地区】 実質化された人・農地プラン [PDF形式/156.5KB]

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課 農政係です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線2240

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る