八千代町の文化財

3.新長谷寺観音堂

新長谷寺観音堂の画像

名称 新長谷寺観音堂 附.棟札1枚、建造仕様書板2枚
よみ しんはせでらかんのんどう つけたり.むなふだ1まい、けんぞうしようしょばん2枚
数量 1棟
指定番号 町指定第26号 建造物
所在地 八千代町八町
管理者 新長谷寺
年代等 享保21年(1736年) 上棟
指定年月日 平成6年1月24日

新長谷寺観音堂(建造仕様書板)の画像新長谷寺観音堂(棟札)の画像新長谷寺は、鎌倉時代貞永元年(1232年)に結城朝光によって建立されたと伝えられるが、その後兵乱で堂宇を焼失している。現在の観音堂は、江戸時代の享保21年(1736年)に上棟されたもので、寄棟造銅板葺、桁行3間、梁間3間(11.13m)、高欄附回縁のある欅造(一部樅・檜・杉)の建造物である。

この観音堂は、当時常総地方で建立された真言宗寺院の基準作例として貴重な建造物であり、しかも建造過程や仕様を詳細に記録した2枚の板や棟札が残されており県内でも他に類例をみないものである。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化係です。

〒300-3572 結城郡八千代町大字菅谷1017-1

電話番号:0296-48-0525

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る