支援制度について

相続税・贈与税 減免

相続税の控除、贈与税の非課税

相続税の障害者控除

相続人が障害者であるときは、85歳に達するまでの年数1年につき10万円(特別障害者のときは20万円)が障害者控除として、相続税額から差し引かれます。

特定障害者に対する贈与税の非課税

特定障害者(※)の方の生活費などに充てるために、一定の信託契約に基づいて特定障害者の方を受益者とする財産の信託があったときは、その信託受益権の価額のうち、特別障害者である特定障害者の方については6,000万円まで、特別障害者以外の特定障害者の方については3,000万円まで贈与税がかかりません。

この非課税の適用を受けるためには、財産を信託する際に「障害者非課税信託申告書」を、信託会社を通じて所轄税務署長に提出しなければなりません。

※特定障害者とは、特別障害者及び障害者のうち精神に障害のある方をいいます。

下館税務署

所在地
〒308-8608
筑西市丙116番地16筑西しもだて合同庁舎
電話 代表 0296-24-2121

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉課です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線 社会福祉係1410 障がい福祉係1420 子育て支援室1430

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?