固定資産税の概要

固定資産税とは

固定資産税は、土地、家屋、償却資産にかかる税金です。

毎年1月1日現在に、固定資産(土地、家屋、償却資産)を所有している人に、その固定資産の価格(評価額)をもとに算定された固定資産税が課税されます。

固定資産税を納める人(納税義務者)

固定資産税を納める人は、原則として、その年の1月1日現在における固定資産の所有者です。

土地 登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
家屋 登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
償却資産 償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

税額の算定

固定資産を評価し、その価格を決定します。その価格(評価額)をもとに課税標準額を算定します。
課税標準額に税率(1.4%)を乗じたものが、固定資産税の税額となります。

課税標準額×税率(1.4%)=税額

免税点

市町村の区域内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。

土地家屋償却資産
30万円 20万円 150万円

固定資産税の評価替え

固定資産税の評価替えとは、土地と家屋について3年ごとに評価額を見直す制度です。
資産価値の変動に対応し、均衡のとれた適正な価格に見直すものです。

固定資産税を納める時期(納期)

固定資産税の納期は、納期一覧のページをご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 資産税係です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線1510

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る