1. ホーム
  2. くらし・手続き>
  3. 税金>
  4. 固定資産税>
  5. 家屋を新築・増築したとき

家屋を新築・増築したとき

家屋調査の実施について

家屋を新築、増築されましたときには、家屋調査を実施させていただきます。

家屋が完成されましたら、税務課資産税係までご連絡ください。

また、家屋の外部から内部までの調査となるため、建築主の方、またはそのご家族の方などの立ち会いをお願いします。

家屋調査とは

総務大臣の定めた固定資産評価基準に基づき、固定資産税の算定の基礎となる家屋の価格(評価額)を算定するための調査となります。固定資産税の対象となるすべての家屋に対して行う必要があります。

※物置や車庫等も調査の対象となります。

固定資産税における家屋とは、次の要件を満たす建造物をいいます。

  • 屋根及び外壁があり、独立して雨風をしのげる建造物
  • 土地に定着して建造されているもの

家屋調査の際にご用意していただきたいもの

  1. 平面図、立面図などの図面(すべての部屋の間取り、寸法が確認できるもの)
  2. 印鑑(認印で可)
  3. 【長期優良住宅の認定を受けている場合のみ】長期優良住宅認定通知書の写し

家屋調査に要する時間

一般的な木造住宅であれば30分~1時間程度の時間を要します。

家屋調査の実施時期

家屋調査は、家屋の完成後であれば随時行っています。

家屋の内部までの調査となるため、入居される前など調査日時に希望がある場合には、お早めに税務課資産税係へご連絡ください。

また、こちらから現地の確認や通知をさせていただくこともあります。

詳しくは、税務課資産税係までお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 資産税係です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線1510

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る