野焼きについて

野焼きは犯罪です


最近、「近くで何かを燃やしていて、気分が悪くなった。」などの苦情が相次いでいます。

廃棄物の野外焼却、いわゆる「野焼き」一部の例外を除き、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「廃掃法」と言います。)第16条の2で禁止されており、違反者に対して次の罰則規定が定められています。

ただし、野焼きの例外規定とされた行為であっても生活環境上支障を与え、苦情等のある場合は、行政指導の対象となる場合がありますので、周囲に迷惑がかからないよう十分に注意し、必要最小限にとどめましょう。


また、焼却炉を使用する際も、規制がありますので注意してください。

詳しくは、焼却炉に関する法規制 [WORD形式/31.92KB]をご覧ください。

罰則規定


廃掃法第16条の2により、以下のような[例外事項]を除き禁止されています。

違反者には、「懲役5年以下若しくは1,000万円以下の罰金又はこれを併科」が科されます。

例外事項


廃棄物の焼却は、原則として処理基準に従う必要がありますが、風俗慣習、宗教上必要な焼却や農林水産業を営むために必要な焼却など一部のものは罰則から除外されています。
※害虫駆除、わら焼却、たき火などで、廃ビニール類の焼却は罰則の対象です。

例外事項の詳しい内容は、ゴミの野焼きは禁止されています [PDF形式/230.98KB] をご参照ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境対策課 環境対策係です。

〒300-3592 結城郡八千代町大字菅谷1170

電話番号:0296-48-1111 内線2420

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る