八千代町の文化財

15.木造十一面観世音菩薩立像

木造十一面観世音菩薩立像の画像

名称 木造十一面観世音菩薩立像
よみ もくぞうじゅいちめんかんぜおんぼさつりゅうぞう
数量 1躯
指定番号 町指定第22号 彫刻
所在地 八千代町八町
管理者 新長谷寺
年代等 鎌倉時代末~南北朝時代
指定年月日 平成5年8月25日

本像は、新長谷寺の本尊の御前立仏である。

檜材を用いた寄木造で、像高102cmの像である。

頭上の化仏は宝冠によって隠されてしまうにもかかわらず、小さな面の細部まで省略されずに丁寧に彫刻されている。宝冠は銅製の透かし彫りで、正面上部に宝珠をつけ、下部には菊花、左右には蓮華が透かし彫りされている。

手足ともすべての指に関節線が刻まれ、各爪の三日月まで明瞭に示されている。右手の掌には、知能線・生命線・感情線まで刻まれている。

非常に写実的かつ精緻な造りで、本尊とあまり年代が離れない時期の作品である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化係です。

〒300-3572 結城郡八千代町大字菅谷1017-1

電話番号:0296-48-0525

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

八千代町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る